読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

引っ越しを伴う転勤に関わる情報をEvernoteでシンプルに管理する

f:id:yohsuke517:20151220214446j:plain

1月から東京に転勤することになって、いよいよ引っ越しなど具体的に動き始めました。

 

 

simplism.hatenablog.com

 

引っ越しを伴う転勤は仕事だけじゃなく、家庭関係のやることがたくさんあります。そんなとき僕はEvernoteをメチャクチャ活用しています

特に家族関係は家探しや住所変更などの各種手続きが非常に煩わしく、情報を一ヶ所にまとめておいた方が便利です。以前は専用のノートを作ってそれで管理していましたが、妻とのやり取りや作業分担が多く、ノートでは不便なことが多いため、今回はEvernoteで管理してみました。

結論から言って、かなり便利です

探さなくて済む
Evernote上に向かう「2016年1月 転勤関係」というノートブックを作って、片っ端からそのなかに情報を詰め込んでいます。これを妻と文字通り「共有」することで、スムーズに情報を共有できるようにしました。新しい家の候補、やることリスト、会社から指示された転居の手順書などなど。以前ならノートに書き込んだり、プリント類をファイルしたりと情報がバラバラになっており、「あれ?あの情報はどこにしまったっけ?」となることが多々ありましたが、Evernoteにすべて保存しているため、探す手間が格段に減りました。

 

物件情報の共有
引っ越し先を探すとき、まず大まかに地区を絞ります。通勤に便利か、家族(子供)がいる場合は教育や育児にかかる補助が手厚いかどうか、治安はどうかなどを考慮して引っ越し先のエリアを絞ります。エリアを絞ったら、予算や会社の規定内の物件をがさしますが、わが家の場合、僕と妻両方がバラバラに物件を探しても効率が悪いので、気に入った物件情報はお互いにEvernoteにクリップするようにしました。

やる事リストの共有
引っ越しとなると、ライフラインや役所関係、住所変更等やる事が大量に出てきます。諸々の手続きを僕と妻2人で手分けして進めるために、Evernote上にやる事リストを作りました。Evernoteにはチェックボックスの機能がついているので、終わった作業はチェックして、新たに発生したやることを随時追加しています。こうすることでやり忘れを防ぎ、何がどれくらい終わっているのかが一目瞭然になります。それに、Evernoteはパソコンでもスマホでも確認・編集できるので外出中も随時更新できるのでとても便利です。もしこれを紙のノートでやろうとしても、とてもできませんからね。特に引っ越しは夫婦そろってバタバタしがちなので、こういったところを少しでもシンプルに、便利にすると負担はかなり軽減できます。