読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

僕にとってのシンプルライフに必要不可欠、最も重要なのは「睡眠」

寝落ち

「睡眠」については過去何度かこのブログでも書いてきました。何度も書くということは、それほど睡眠と言うのもは大事なんだと思っているからです。

 新入社員の教育担当になって、仕事時間が猛烈に増えたことについて以前書きました。

simplism.hatenablog.com

 残業時間が増えて、それに伴って睡眠時間も以前に比べて少なくなってしまい改めて睡眠の大事さに気づきました。

僕はだいたい1日7時間は寝るよう心がけていました。それがここ最近は6時間を切る日も出て、明らかに日中のパフォーマンスが落ちているのを実感しています。

 

■仕事ができる時間は起きている時間に比例しない
これが一番実感していることです。例えば今まで1日24時間のうち7時間寝て、仕事以外の時間に7時間使っていたとすると、実際の仕事時間は12時間です(これでも十分長いけど)。その場合、1時間に仕事量10をこなしていたとすると、一日の仕事量は10/時間×12時間=120の仕事ができていたとしましょう。

ところが仕事以外の7時間を変えずに睡眠時間を削って5時間にしてしまい、仕事時間が14時間になってしまった場合、疲労や睡眠不足のせいでパフォーマンスが下がり1時間あたり6の仕事しかできなくなってしまいます。すると、仕事量6/時間×14時間=84の仕事しかできなくなってしまいます。

仕事時間を2時間増やしたのに、結果的にできる仕事は36も減ってしまうじゃないですか!それくらい睡眠時間は大切なんだと実感しました。現に今の僕はこれと同じ状態になりつつああります。非常にまずいです。

睡眠不足で頭がぼーっとしてしまい、仕事の効率が悪くなる上にケアレスミスが増えて余計な仕事が増えるという悪循環です。営業車の運転も頻繁にあるため、効率が悪くなるだけでなく明らかに危険です。

 

■睡眠不足が続くと精神がネガティブになる
これも睡眠不足の弊害です。精神的にも肉体的にも疲労が溜まっていると、ちょっとしたことで気持ちがネガティブになりがちです。「めんどくさい」「こわい」「心配だ」。こんな気持ちが常に頭にこびりついて更に仕事の効率が悪くなります。それもかなり劇的にです。実際に睡眠不足がちな人はうつ病などの精神疾患にかかりやすいというデータがあります。

自殺者の平均睡眠時間は5時間。睡眠不足が自殺を引き起こしてしまう!?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

それほど睡眠というのは心身の健康にとって重要な要素なんですね。僕も今の状況に危機感を感じているので、少しでも効率的に仕事をするか、場合によっては多少の仕事はぶん投げてでも睡眠時間を確保するようにしようと思います。仕事で結果を残しても精神をボロボロにしてしまっては元も子もないですからね。

そういう意味でも僕なりのシンプルライフをもっともっと追求していきたいです。不要なものをそぎ落として、やりたいことと睡眠に時間を使えるようになりたいです。

 

simplism.hatenablog.com

simplism.hatenablog.com