読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

コンタクトレンズより眼鏡の方が、僕にとってはシンプルだなぁ

f:id:yohsuke517:20151101104903j:plain

高校の頃から近視が進んで、眼鏡をかけ始めてもうすぐ15年が経とうとしています。

友達や家族に「コンタクトレンズにすれば?」と言われたことも数知れずですが、僕はそれでも眼鏡を愛用しています。理由は簡単。コンタクトレンズはめんどくさいしお金もかかるからです。

結婚してからはあまり乗らなくなりましたが、僕は趣味で自転車に乗ります。夏場はサングラスをかけるので、その時だけは使い捨てのコンタクトレンズをしていますが、普段の生活では100%眼鏡です。僕の周りには妻も含めてコンタクトレンズ派が結構いますが、めんどくさくないんでしょうかね?

コンタクトレンズだと洗浄やら保存液やらいろいろやらなきゃいけないことがあるし、使い捨てタイプは買い置きしなきゃいけない上に安くありません。その点、眼鏡なら洗うのも楽だし、よほどのことがない限り維持費もかからない。僕は手間と費用の面では眼鏡の方が断トツで優れていると思います。

 

でも、コンタクトレンズを好む人の気持ちもわかるんですよねぇ。眼鏡って、顔の印象を大幅に変えてしまうという、ある意味デメリットもありますし。僕の場合はもう長年眼鏡をかけ続けているので、特に家族以外には眼鏡込みの僕の顔が「ヨウスケの顔」ということになっているので、別にこのままでいいや。ちょっと前に書いた「いつも同じ服を着た友人の、それ自体がアイデンティティ」に近いものなんだと思います。

simplism.hatenablog.com

僕自身、ごく稀にコンタクトレンズをつけて姿見で自分の全身と顔を見るとものすごい違和感があります。両目とも0.03未満のド近眼なので、「眼鏡をはずした自分の顔を少し離れたところから見る」ということに慣れてないんです。変な話なんですけど、自分の顔なのに。それくらい、僕自身も眼鏡込みの自分の顔が本当の自分の顔と思えるくらいの眼鏡っ子っぷりなので、多分この先も眼鏡を使い続けると思います。

眼鏡で困る事と言ったら、ラーメンの湯気で曇るくらいですし。