読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

仕事・家事・勉強すべてに効果絶大 やるべきことを細かくノートに書き出す方法

f:id:yohsuke517:20150823223200j:plain

仕事でも家事でも勉強でも、やらなきゃいけない事がたくさんあると焦りやストレスが増えて頭がパンパンになりますよね。
一つ一つ取り組んでいこうと思っても、やらなきゃいけない事で頭がいっぱいになって集中できなかったり、終わりの見えない作業にウンザリしたり、やるべきことを忘れてしまって後で痛い目にあったり。誰しもそんな経験があると思います。

 僕も日々の仕事に追われてやるべきことの優先順位が分からなくなって効率的に動けなくなって、結果的に残業時間がものすごく増えた時期があります。どうにか業務改善して残業する時間を減らそうといろいろ工夫した結果、一番効果があった方法は「その日やることをできるだけ細かくノートに書き出す」という方法でした。

f:id:yohsuke517:20150823222555j:plain

僕はこんな感じに、A5ノート1ページに1日分の作業を書き出しています。左半分に作業を書いて、更にどういう手順で作業を進めるかを箇条書きにしていきます。右半分はメモを取ったりするために空けておきます。終わった作業には赤ペンでチェックを入れ、追記したことは青ペンで書き込みます。色分けは面倒に思いますが、黒一色で書いてしまうと全体的にごちゃごちゃしてしまい視認性が悪くなるので、メインは黒、終了は赤、追記は青と3色使い分けることをオススメします。

 

書き出すことで頭の中がシンプルに整理される
その日1日やるべきことを全て書き出すことで、頭の中でアレコレ考える必要がなくなり、脳みその中がシンプルに整理されます。作業の全体像が見えるようになるので優先順位やスケジュールが立てやすくなる上に、細かく作業工程を書くことで「作業をどう進めるか」をいちいち考えずに済むようになります。そして、書き出すことでいったん全ての作業を頭の中から消すことができます。いちいち覚えておく必要がなくなるため、その分脳みそを今やるべき作業に集中させることができるようになりました。

 

手帳やノートに付箋を貼る方法じゃだめなの?
付箋にやることを一つずつ書いて、終わったら剥がすという方法も試してみました。が、この方法は僕には合いませんでした。細かく予定を書き込みたい時に、付箋だとちょうどいい大きさの物をチョイスするのが面倒くさかったのと、やってみるとわかるのですが、付箋がヒラヒラしてけっこう鬱陶しいです(笑)それに完了した作業の付箋をはがしてしまうと、あとになって「あれ?あの作業やったっけ?」と、やったこと自体を忘れてしまい、それを確認する無駄な時間が発生していました。

 

終わった作業にチェックを入れていくメリット
作業が完了したことを忘れないことの他に、完了した作業にチェックを入れていくメリットはもう一つあります。作業の進捗を目で見て再確認できることです。ノートがチェックだらけになると「もうこんなにやったんだ!」と、残りの作業のための更なるモチベーションにつながります。「あとどれだけ残っているか」よりも「もうこれだけ終わった」と分かる方が、僕にとってはやる気につながりました。

 

EVERNOTEやその他のデジタルデバイスでもいいのでは?
もちろんその方法も試しました。パソコンやスマホで確認できるので便利な面もありましたが、いかんせん文字の色を変えるのが面倒だったり、自由な位置に書き込みができなかったりと僕にとっては不都合な点が多く、けっきょくノートに落ち着きました。ノートならフォーマットが自由なので手軽に追記ができるし、パッと確認するにはやはりアナログの方が早いです。デジタルなら検索が圧倒的に早いというメリットもありますが、それは僕にとってあまり重要ではありませんでした。

 

最後に、ノートに書きこむ一日の使い方
僕の場合は仕事で活用しているので、朝、出社してからまずこの作業に取り掛かります。10分かかりません。書きながら頭の中が整理されていくので、その日1日のスケジュールをざっくりとシミュレーションしていきます。あとは出来上がったリストに従って仕事をこなしていきます。急な用事が入ったらその都度書き込んでいきます。この方法を始めてから、特に午前中のパフォーマンスが猛烈に上がりました。今何に集中して次に何をすればいいか、1日の全体像が見えているので脳みそに余計な負荷をかけずに淡々と仕事に打ち込めます。そして退社間際、その日1日のリストを見直して、残ったリストを次の日のページに書き写し、明日やらなければいけない事を全部忘れて帰宅します。家に帰ってまで悶々と仕事の事を考えると、全然リラックスできませんからね。

この方法は、仕事だけじゃなく、ふだん家事や勉強に追われている人にもすごく友好的な方法だと思います。書くことで頭を整理し、忘れてもいい状態にし、さらに1日の作業全体を見渡すことがいっぺんにできるシンプルかつ効率的な方法だと思います。毎日に何かに追われて、ドタバタしがちの人はぜひ一度、この方法で脳みそのシンプル化を図ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

simplism.hatenablog.com

simplism.hatenablog.com

参考になる本

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術