読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

モノを捨てようか悩んだら、モノについての事を書きなぐる!

f:id:yohsuke517:20150622223035j:plain

身の回りのモノを捨てる際、捨てようか悩んだ経験がある方も少なくないと思います。このブログで何度か、捨てようかどうか悩んだときにどうするかについて書いてきました。

 

思い出の品を捨てようか悩んでいる人へ - Hello! Mr.Simplism

「いつか」は来ない。期限を決めるシンプルライフ - Hello! Mr.Simplism

捨てるかどうか迷ったものを、「一ヵ所にまとめる」とシンプルになれる - Hello! Mr.Simplism

持ちモノは減らしたいけど、捨てようかどうか悩む。僕も何度も経験しています。悩んでいるとき、あなたはどうしていますか。たぶん、モノを見つめながらアレコレ考えていることと思います。そして結局、考えがまとまらず後回しにしてしまったりしていませんか。

 

紙に書く=考えを整理する
モノを捨てる時以外にも、頭の中でアレコレ考えても結論が出せない事って日常生活の中でも結構ありますよね。そんな時は自分の考えをどんどん紙に書き出してみることをお勧めします。頭の中でいろいろ考えても結論が出せない原因は、全体像が見えない事。そして、次々浮かんでくる考えと忘れてしまう考えが同時進行で頭の中をかき乱してしまうこと。

 

頭の中で考えるだけでは全体像が見えにくくなる
ヒトは次々に考えをひねり出す傍ら、どんどん忘れてしまいます。すると、そのつど断片的な情報だけで考えを巡らせる為、全体像が見えなくなってしまいがちです。浮かんだ考えを紙に書き出すことで徐々に自分の考え方の全体像が見えるようになり、総合的に判断できるようになります。
 たとえばモノを捨てるかどうか悩んだとき、書き方は自由ですがたとえば「捨てたい理由」と「捨てたくない理由」を思いつくがままにどんどん書き出してみます。出尽くしたかなと思ったあたりで書いた内容を全体的に見てみると、意外とすんなり決断できたりします。

 

書き出すことにはこんなメリットも
以前、「悩み」は紙に書き出すと楽になれるという記事を書きました。「エモーショナルディクロージャー」と呼ばれる、悩みや心配事などのネガティブな言葉を紙に書き出す楽になれるという心理的効果について書いた記事です。自分の心を軽くしたり迷っていることを整理できたりと、書くことにはたくさんのメリットがあります。時にはパソコンやスマートフォンから離れて、自分の字、そして言葉と向き合ってみてはどうでしょうか。