読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

初期虫歯をキシリトールガムとフッ素で自然治癒(?)した話

 

f:id:yohsuke517:20151101103506j:plain

先週の日曜の夜から、左上の奥歯が痛くなりました。

何もしていなければ痛くなかったのですが、飛び跳ねたり、軽い衝撃が加わると「チクッ」と「ズキン」の中間位の痛みが奥歯に走り、あー、これは虫歯だと気付いてしまいました。

 しかし痛み出したのが日曜日の夜。当然歯医者はやっていませんし、平日はあいにく予定が詰まっていて歯医者に行く余裕もありません。かといって次の土曜日まで持つかと言えば、かなり怪しい状態だったのでとりあえず次の土曜日まで持たせる方法を考えました。

結果、僕がとった行動は以下の2点

1.歯磨きした後、フッ素スプレーを使う

f:id:yohsuke517:20151101104216j:plain


わが家にあった娘の虫歯予防用の「レノビーゴ」というフッ素を配合した薬品があったので、とりあえずこれを使うことにしました。フッ素が虫歯に対して効果が高いことはご存知かと思いますが、以下に分かりやすく書いたサイトをご紹介します。

フッ素による虫歯予防

レノビーゴの効果・効能に「虫歯の進行を予防」と書いてあったので、これを勝手に「虫歯の進行が止まる」と解釈し、本来であれば歯ブラシに噴霧して磨く使い方にもかかわらず、直接痛い歯に噴霧!大丈夫かよと思われるかもしれませんが、フッ素にも一応「致死量」がありまして、体重1㎏あたり5gのフッ素を摂取すると死ぬらしいです。レノビーゴのフッ素含有量は0.01%、僕の体重がだいたい70㎏なのでレノビーゴを飲んで死ぬには約3.5トン必要です。オッケー大丈夫だ!そもそも3.5トンも一気飲みしたらレノビーゴじゃなくてもたいてい死ぬし!というかそれは飲むというよりレノビーゴでおぼれ死ぬという方が正しいでしょうか。くだらない話は置いといて、とりあえずフッ素をぶっかけたという話です。

 

2.四六時中キシリトールガムをかんだ

f:id:yohsuke517:20151101104246j:plain


キシリトールもご存じのとおり、虫歯菌が作り出す酸を作るのを阻害し、さらに虫歯菌(ミュータンス菌)の代謝を抑制するため、虫歯に対して効果があるとされています。そこで、ご存じMeijiから発売された日本初のキシリトール入りガム「XYLiSH」を仕事中も噛み続けました。というより奥歯に詰めてました。やり方は簡単。粒ガムを1つ噛んで柔らかくし、まだ味がある(キシリトールが豊富に残っている)状態のガムを奥歯の痛むところにかぶせておきました。口の中に若干の違和感はあるものの、仕事中に事務所でクチャクチャ噛むのも何なので、とりあえず銀歯代わりにガムコーティングという荒業に打って出ました。

その結果、治りました。いやマジで。3日くらいで完全に痛みがなくなりました。飛んでも跳ねても、歯をガチガチかみ合わせても全く痛みがありません。これを書いているのが土曜日、妻には「それでも歯医者に行きなさい」と言われていますが、もう土曜の午後なので歯医者の診療時間終わっちゃった(笑)とりあえず来週いっぱいは引き続きレノビーゴ&キシリッシュ治療を続けてみようと思います。

なんだかんだで病院嫌いのヨウスケです。いつぞやも風邪を引いたとき「風呂に入って治す!」と言って結果失敗したりしていますが、今回は吉と出るか凶と出るか…。

 

simplism.hatenablog.com

 

前回みたいに「失敗しましたー!」なんて記事を書かずに済むよう、ガムを歯に詰めながら祈るばかりです。そんな32歳の秋。