読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

「ありがとう」のあとに付け足す、感謝の気持ちを伝えるシンプルな一言

f:id:yohsuke517:20150919102558j:plain

誰かに何かをしてもらった時に感謝を伝える一番シンプルな言葉「ありがとう」。

僕は特に仕事中に誰かの助けを借りたりお世話になったとき、ただ一言「ありがとうございます」とは言わず、プラスアルファの言葉を付け足すように心がけています。

 それは、「助かりました」

ただ「ありがとうございました」と言うよりも「ありがとうございます。助かりました」と一言付け加えるだけで、より感謝の気持ちも伝わり、言われた相手も悪い気はしないと思います。
いつも「助かりました」というわけではなくて、その時その時でちょっとずつ言い方は変えています。

「ありがとうございます、助かりました」
「ありがとうございます、おかげで早く(作業が)終わりました」
「ありがとうございます、なんとか無事に済みました」

などなど。
要は、助けてもらった感謝の気持ち+その結果として僕がどうなったかをさらりと伝えます。
とてもシンプルなことですけど、その方が相手に気持ちがより伝わりやすいと思います。
立場の上下に関係なく、だいたい僕はいつもこのパターンでお礼を言います。

 

助けてもらってお礼を言わないのは論外として、どうせ感謝の気持ちを伝えるのであれば、相手に少しでも「手伝って良かった」と思ってもらえる方がいいかな、というのが僕の意見です。
あまり言い過ぎると慇懃無礼になってしまうので、「ありがとう」+αくらいがちょうどいいです。

仕事だけではなく、僕はよく子供にも言っています。
僕の似顔絵(と言っても黒1色でグルグル塗りつぶしただけ(笑))を描いてくれた時も、「ありがとう、上手だねぇ」とか「ありがとう、嬉しいなぁ」と伝えた方が、娘の目の輝きが全然違います。

ちょっとした一言を付け加えるだけですが、相手が何かしてくれた時に僕がやっている、ほんの少しの「お返し」の気持ちです。

いつも読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。なんてね。

↓名曲です

ありがとう・・・

ありがとう・・・

 

 

今日からシルバーウィーク。5連休という人も多いのではないでしょうか。

simplism.hatenablog.com