Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

休日を「平日やり残したことをまとめてやる日」にしてしまっていないか ~プチ・やる事リストをつくる

やる事をノートに書き出す

休日は平日に比べてまとまった時間を取りやすいですよね。その時間を利用して平日にやり残したことをまとめてやるって人も少なくないのではないでしょうか。せっかくの休日を「やり残したことを消化する日」にしてしまうと、なんだかもったいない気がしませんか。

 休日に細切れの予定を詰め込む?

平日は何かと忙しくて、細々した用事はまとめて休日にやってしまおうと考えがちです。始めてしまえば5~10分で終わるものも、それが何個もたまると数時間かかる「かったるい作業」にかわってしまいます。そのために休日に時間を割くのって、かなりの労力と決意が必要ですよね。平日には取りづらいまとまった時間を、そうした細切れの予定の詰め合わせで埋めてしまうのって、なんだか損した気分になるのは僕だけでしょうか。せっかくの休日をもっと、近場の旅行やまとまった時間が必要な予定のために使いたいものです。

よくライフハック関連の記事でToDoリストとかタスクリストという横文字を目にすることが多いですよね。要は「やること」リストなんですけど、僕も日々の仕事やプライベートのやることリストを作って活用しています。特に仕事では大活躍していて、やることリストを作ることで効率よく仕事をしたり、うっかり忘れを防止しています。

 

simplism.hatenablog.com

 

ただしこれは「その日にやること」を書いたもので、すぐにやる必要はないけどいつか必ずやらなければならないこと、やりたいことは書いていません。そういう小さな用事は「やる事リスト」のほかにもう一つリストを作って書き込んでいます。

 

すぐにやる必要のない「プチ・やる事リスト」を作る

「プチ・やることリスト」というのは、要は「今日やらなくても問題ないけど、あとで必ず必要になる細々した用事をまとめたもの」です。プライベートなら「たまった郵便物に目を通す」「引き出しの中のいらないものを捨てる」「たまったペットボトルをつぶす」など、仕事なら「机の引き出しの書類を仕分けする」「○〇スーパーの売上データを整理する」「△社の実績表を見やすく改造する」など、5分~10分位で終わる、しかも急ぎじゃない用事をリストに箇条書きにしています。そのリストを、平日のちょっとした空き時間に少しずつ消化して、休日にまとめて消化しなくてすむよう心がけています。

ひとつひとつは簡単だけど、溜めこんでしまうと一気にダルい作業に代わってしまうような細々した用事は、こうやって少しずつ処理すと楽ですよ。

ちなみに僕はこの「プチ・やることリスト」をメインの「やることリスト」をまとめたノートの一番最後のページに作っています。普通のノートや手帳についているメモのページでもいいのですが、消化して不要になったページを取り除いて新しいページをはさめるルーズリーフタイプの方が何かと便利です。僕のオススメは、ブログ開設当初からお勧めしまくっているLIHIT LABのツイストリングノートです。普通のルーズリーフよりもリングが小さいため、薄くてコンパクトに持ち運べる点がお気に入りです。

 

simplism.hatenablog.com

 

 

simplism.hatenablog.com