Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

ビジネスバッグを3WAYリュックにして超大当たりだった話 「タケオキクチ ジェッター」

 

長らく使っていたビジネスバッグがくたびれてきたので、何年かぶりに買い替えてみた。

東京に移動して電車移動が増え、荷物が多くなりがちだったので以前から気になっていたリュックタイプにすることにしたけど、得意先の役員クラスを訪問する機会も少ないとは言えあるため、手持ちやショルダーバッグにもなる3wayタイプを検討することにした。

今回3wayのビジネスバッグを選ぶにあたっての条件は以下の通り

  1. 底鋲がついていて自立する
  2. PCを入れるためのクッション材がついてる
  3. 小物類を入れるポケットは多め
  4. 商談時にゴチャゴチャしたカバンの中身を見られたくないため、2ルーム以上
  5. できればエキスパンダブルの3ルーム
  6. 色はブラック以外

今まで使っていたビジネスバッグは軽さがウリのショルダータイプだったが、全体的に柔らかい素材で作られていた為、床に置いたときにフニャっと倒れてしまう。そこで、硬めの素材で底鋲がしっかりした自立するタイプを絶対条件にした。

また、1泊程度の宿泊出張が増えたので、着替え一式を入れられるエキスパンダブル3ルーム(普段は2ルームだけどファスナーを開くと3ルームに拡張できる)タイプを探すことにした。

ビジネスバッグは星の数ほどあって悩むかもしれないけど、使用用途や外せない条件を決めると、選択肢をかなり絞ることができた。

 

数あるビジネスバッグブランドを吟味した結果、購入したのがコレ。

TAKEO KIKUCHIの3wayビジネスバッグ。

 

ド定番のTUMI、Samsonite、ACE等々を押しのけて、ファッションブランドの物をチョイスしてしまった。

なぜコレを選んだかを書くととても長くなってしまうが、一言で言うと「なんか気に入ったから」
上記の条件を全て満たすバッグはいくつか見つかったけど、物を買う時の最終的な決め手は、言葉では説明できないとても曖昧な感情なのだなと思った。

買って使ってみた感想は、もちろん「大正解」

まずビジネスリュックの楽さにびっくりした。多少重くなろうが重量が両肩に分散されるのでそれほど重さを感じないし、両手が空くのはいろいろな面で有利。ビジネスリュックはマナーとして賛否両論あるけど、気になるのであれば移動中はリュック、得意先に着く直前で肩紐を収納して手持ちにすればいい。移動中の楽さと手持ちのフォーマル感(?)の両方を兼ね備えているのが3wayの強みだと僕は思う。どちらにも中途半端なショルダー用の肩紐は邪魔なだけなので、外して家に置きっぱなしにしてある。

しっかり立つ!

f:id:yohsuke517:20171009210427j:plain

裏面のファスナーの中にリュック用の肩紐が収納されている

f:id:yohsuke517:20171009210524j:plain

メインルームはこんな感じ。

大ポケット×2、中メッシュポケット×2、小ポケット×3、ペン入れ×3

f:id:yohsuke517:20171009210833j:plain

f:id:yohsuke517:20171009211005j:plain

反対側はPCを入れるようにクッション素材が入っている。

背面についているファスナー付きの大ポケットが地味に便利。

f:id:yohsuke517:20171009211043j:plain

お陰で移動は楽ちん、商談中もバッグがしっかり自立してくれるので見た目にもスマートだし、何より書類が取り出しやすい!たまの宿泊出張時には真ん中のファスナーを開けば着替えを入れる第3ルームが出現するので、バッグの中身をいちいち出張用のバッグに入れる手間も省ける。

側面(通常時)

f:id:yohsuke517:20171009211502j:plain

真ん中のファスナーを開くことで第3ルームが出現

f:id:yohsuke517:20171009211648j:plain

リュックにした時に持ち手がパタパタしないように、固定用のひもがついている。

リュックのひもは背面に収納し、留め具(写真左側)もカバンの中にスッキリ収納できる。

もちろんスーツケースに固定するセットアップ付き。

f:id:yohsuke517:20171009211814j:plain

見た目やブランドだけで用途に合わない中途半端な買い物をするよりも、ビジネスバッグについては用途と希望するスペックについて、まずはじっくり考えてリストアップしていくことを強くオススメしたいと思った。

 

 

 

simplism.hatenablog.com