読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

仕事も家事もシンプル化できる良書「執事のダンドリ手帳」

執事のダンドリ手帳

「カルピスウォーター500本用意してくれない?2時間以内に」
この衝撃的な文言が表紙に書かれた1冊の本、「執事のダンドリ手帳」。非常に面白い本だったので紹介させていただきます。

 この本は実際に日本で唯一の執事サービス会社を経営している方が書かれた本です。執事(バトラー)サービスを提供する会社が日本にあったこと自体驚きですが、この本は仕事にも家事にも非常に役立つ考え方がたくさん書かれており、とても勉強になりました。

執事というと日本国内や海外からのお客様(主に富豪と呼ばれる人たち)の身の回りの世話からスケジュール管理をまとめて行う、非常にハードな仕事です。当然富豪の方々からの無茶振りも多く、素早い判断と知識、そして「ダンドリ」能力が非常に重要になってきます。

この本では特にその「ダンドリ」部分について集中的に書かれており、どうすれば無駄なく、素早く、効率的に仕事や家事が進められるかのノウハウを著者の実体験を元に書かれているため、とても参考になります。

僕が特に面白いと思ったのは本書の第6章「シンプルに整理しよう」の巻です。やるべきことが大量にある執事という職業柄、常に目的を把握してあくまでシンプルにその目的を達成する必要があります。そこで大事なことが整理整頓。本章には「書類整理の方法」「モノを捨てること」「捜し物」などについて、読んで「なるほど!」と思うことが多々あり、僕が追い求めるシンプルライフに見事に合致した内容で非常に面白く、ためになりました。

内容は仕事でも家事でも十分に通用する内容ですし、漠然としたイメージか持っていなかった「執事」という仕事について書かれているため、読み物としても面白いです。

普段やるべきことに追われ、時間が足りないと思っている人にはおすすめの良書です。

ちなみに、冒頭に書いた「2時間以内にカルピスウォーター500本を用意する」方法ですが、方法自体は実に単純です。ですが、そこに至る「考え方」は非常に面白かったです。

執事のダンドリ手帳

執事のダンドリ手帳

  • 作者: 新井直之
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る