Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

父娘、半熟卵にハマる

f:id:yohsuke517:20190707071959j:plain

最近、私と娘(6)のあいだで半熟卵が大ブームです。

 きっかけは先日ご紹介したなかやまきんに君のYouTubeチャンネルを見ていた時のことでした。

 

simplism.hatenablog.com

 

なかやまきんに君が好きな食べ物として半熟卵を紹介したところ、6歳の娘は「はんじゅくたまご」という単語知らなかったので、言葉で説明するよりも作って食べさせた方が分かりやすいだろうということで、さっそく作って2人で食べました。

とろとろの黄身にほんの少し塩をかけて食べたところ、これが美味しいのなんの。娘も一瞬で半熟卵のとりこになりましたね。今では好きな食べ物ランキングでブドウを抜いて堂々の第2位です。イチゴには勝てなかったようですが。

で、困ったことに娘が休みの日になると半熟卵をせがんでくるようになりました。

僕は土日も7時前に起きて自分の時間を楽しむのですが、最近は半熟卵食べたさに娘も早起きしてくるようになってしまいました。なので、休日の私の朝の日課は半熟卵を作ることになってしまいました。あーあ。

せっかくなのでベストな半熟卵の作り方のレシピをご紹介します。

  1. 鍋でお湯を沸かす(沸騰させる)。
  2. 冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵を鍋に入れる。
  3. 6分~6分30秒ゆでる。
  4. すぐに冷水で冷やす。

 

まぁ、レシピというほどのものでもないですけどね。ゆで時間は卵の大きさ、お湯の量で若干変わってくるので、まずは6分30秒で試してみて、好みに合わせてゆで時間を微調整してください。

卵の黄身って「少しだけ熱を通すと」味が濃厚になってめちゃくちゃおいしいですよね。僕は目玉焼きも君が半熟なのが一番好きです。

これから毎週、娘が半熟卵に飽きるまで作り続ける生活になりそうです。