Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

人生をシンプルかつ大胆に変えたい人が見るべき映画はこれだ。

f:id:yohsuke517:20190629103028p:plain

考え方によっては人生を大きく変えるかもしれない、僕の好きな映画をご紹介します。

 

he Secret Life of Walter Mitty (邦題:「LIFE!」)
公開:2013年
監督・主演:ベン・スティラー
オフィシャルサイト:http://www.foxmovies.jp/life/

 

あらすじ
雑誌「LIFE」に掲載する写真のネガ技師、ウォルター。
出会い系サイトのプロフィール欄に何も書けないほど平凡な人生を送り、
空想に浸ってはいつも上の空な冴えない中年男性。
そんなウォルターは同僚でバツイチのシェリルにひそかに思いを寄せていた。

ある日、ウォルターが勤めるLIFE&TIME社に業務再編のメスが入り、雑誌は廃刊になることが決まった。
LIFEの写真を撮り続けてきたカメラマン、ショーンから手紙と写真のネガが届いたが、LIFEの最後の表紙を飾るにふさわしい写真だと書き記した、まさにそのネガ「No.25」がなくなっていた。

「No.25」の行方を捜すため、ウォルターは同僚シェリルの助けを借りて世界中を飛び回る写真家ショーンを探す旅に出る。

グリーンランド、アイスランド、アフガニスタン。

そこで経験した圧倒的な非日常の中でウォルターは何を思ったか。

そして、「No.25」の真相とは。

 


僕はこの映画が好きで何度も見ています。

まず、映像が美しいです。グリーンランド、アイスランド、アフガニスタンの圧倒的な自然を美しく表現しています。
それに合わせた音楽も素晴らしい!この映画の要所となるシーンでデビット・ボウイの「Space Oddity」という曲がとてもいい雰囲気を醸し出しています。


David Bowie – Space Oddity (Official Video)

映画の中で使われているシーンとはかけ離れまくりのすごいPVだな。。。


今まで平凡に暮らして貯金額を気にしてばかりいた男が、写真家ショーンの足取りを追う中で空想の中にしかいなかった「なりたい自分」に少しずつ近づいていく姿を見て胸が熱くなります。また、唐突に出てくる空想シーンも面白いです。そして映画の序盤で連発する空想シーンが、ショーンを探す旅が進むにつれて少なくなり、代わりに空想とも思えるような実体験が増えていくコントラストも全体的な見どころといえるかもしれません。


それを象徴するセリフが、映画の後半で「ところで、まだ空想してる?」と聞かれた主人公が言った一言「最近、減った」。短いながらも主人公の変化を的確にとらえたいいセリフだと思います。

 
あと、僕が好きな映画を語るうえでいつもうまく表現できなくて困っているのですが、全体的な雰囲気が大好きです
そういう「なんとなくな部分」を上手に表現できる人は羨ましいなぁと思う36歳です。
無理やり書き出すと、シーンの色合い、雰囲気、役者の声のトーン、セリフ、表情に穏やかさを感じる映画が僕の好みなようです。

映画のトレイラーをYouTubeで見つけました。


「LIFE!/ライフ」ミュージック予告・7/2 デジタル先行配信|8/2 ブルーレイ&DVDリリース!

・・・どうも上記の僕が言った雰囲気とは違いますが、内容としてはわかりやすいので貼りました。どうして日本の映画会社は余計な編集してくれるんでしょうね。

 


Official Trailer | The Secret Life of Walter Mitty (2013) | 20th Century FOX

先ほど言った「雰囲気のようなもの」はこちらのほうがより表現できている感じがします。

2013年の映画で、すでにDVD、ブルーレイも購入&レンタル可能なので、一歩を踏み出して自分の人生を大きく変えようと思っている方は、ぜひ。