Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

前向きな気持ちになれて仕事や生活を楽しめるシンプルな方法

f:id:yohsuke517:20180423215154j:plain

仕事や家庭で嫌なことがあったりトラブルが続くとどうしても気分が落ち込み、後ろ向きな気持ちになってしまったときの対処方法について書きます。

 いろいろなことがうまく行かず、ネガティブな気持ちになってしまうとやる気も起きず、そのせいで失敗が続く負のスパイラルに陥りがちです。

私も最近仕事が急激に増え、そのせいでつまらないミスが増えて気分的にかなり落ち込んでしまい、毎日が苦痛の連続でした。

そこで実践してみた方法が「頭の中でむりやりでも前向きな言葉を考えること」「その日上手く行ったことをリストに書き出すこと」、そして「週末のご褒美を用意すること」

 

◆むりやり前向きな言葉を考える

嫌だな、めんどくさい、失敗したり怒られるのが怖い、などなど。感情がネガティブになっていると全てのパフォーマンスが落ちてしまい、その結果、よりネガティブな結末になってしまいがちです。上手くいかない時は何をやっても上手くいかない。そんな時はだいたいこの負のスパイラルに陥ってしまっている時だと言えます。
そんな時はむりやりにでも前向きな言葉を頭の中で復唱すると意外と効果があります。

  • 「よし、前向きに考えよう」
  • 「やってやるぞ!」
  • 「これくらいチャッチャと片付けられる!」
  • 「サクッと片付けられる俺すげー!」

なんでもいいです。気持ちがネガティブになって物事全てが上手くいかなくなるなら逆もまた然り。気持ちが前に向けば、意外と物事もうまく行くようになります。

 

◆上手くいったことをリストに書き出す

その日1日頑張ってみて、1日の終わりに上手くいったことを簡単に書き出してみます。些細なことでも、書き出すことで成果を目に見えるようにして再確認できます。小さな成功体験を振り返ることで、少し前向きな気分になることができます。

 

◆週末のご褒美を用意する

仕事や家事を頑張ったご褒美に、週末に何か幸せになれる予定を最低1つ用意しておきます。「○○のケーキを食べに行く」「ガッツリ肉を食べに行く」「とっておきのワインを開ける」「キャバクラで〇〇ちゃんに慰めてもらう」(笑)など。楽しみに思えるならご褒美はなんでもいいです。週末にご褒美の時間を用意しておけば、ダラダラ仕事をしている暇などないと思えるようになります。週末のために1週間の予定を組んで、ご褒美を楽しむために今頑張ろう!という気持ちになれます。頑張れば楽しい時間が待っているので、自然とポジティブな気持ちになれて能率も上がります。

一応、僕は上記3つを実践しています。2つ目のリストづくりは面倒だと思ったら寝る前に頭の中で振り返るだけでもオッケーです。どうせやるなら前向きに。

ご褒美は多少お金がかかるかもしれませんが、自分が幸せ、前向きになるためのお金です。決して無駄ではないどころか、むしろ正しいお金の使い方なんじゃないのかな、と私は思います。

実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書)言うだけでポジティブになるうまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)