Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

妻のお小遣いは月3,000円

f:id:yohsuke517:20150726134506j:plain

専業主婦の僕の妻のお小遣いは、月3,000円だ。三万円じゃなくて三千円。

このことを会社の先輩に話したら「この甲斐性なしのケチ野郎」とひどい罵られ方をされた。これを読んでいる人も同じ意見かもしれないが、ちょっと待って欲しい。そもそもこの月3,000円という金額は妻が言い始めたことだ。

我が家では食費や光熱費など、月の予算を決めて妻が家計簿を付けている。その予算組をする際、僕の小遣いは月30,000円、妻は月3,000円に決まった。おいおい、月3,000円って中学生のお小遣いかよと思ったが、妻はそれでいいと言った。

なので僕はほんとに月3,000円しか渡さない。ただ、それは僕の収入からの話であって、妻はこれとは別に、区民だよりの編集補助のバイト(?)をやっていて月5,000~8,000円の収入がある。そのお金に関しては自分で好きに使っていいことになっている。

 

住んでいる自治体にもよるけど、僕の住んでいる区では、子持ちの専業主婦などを対象とした職業支援の仕組みがある。妻がやっている区民だよりの編集補助や障害者支援施設の手伝いなど、探すと結構ある上に、そういった仕事の間だけ子供を預かってくれる一児保育制度や職場に子供を連れてきていい仕組みが整っている

仕事も在宅でできるのがほとんどだし、乳幼児を持つ母親に配慮した仕組みが整っているので、もし月に少しでもお金を稼ぎたいけど子供を預けられず働けないお母さんがいたら、役所に問い合わせてみるといい。

ちなみに、月3,000円の小遣いの使い道を聞いたら「ほとんどお菓子」という回答だった。まぁ、別になにに使ってもいいけどさ。しかも「お菓子だけ買うときは小遣いから。だけど他の食品と一緒に買うときは、それは食費と見なす」という妻オリジナルの謎ルールがある。いくらお菓子買ってんだよ。。。

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)