読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello! Mr.Simplism

やっぱりシンプルが一番。複雑すぎる世の中をシンプルに生きるためのアイディアを綴る。

複雑すぎる世の中をシンプルに生きる、僕のアイディア

僕が長年「サラサ」を愛用している理由

f:id:yohsuke517:20150621144323j:plain

書き味抜群のゲルインキボールペン「サラサ」

 ゼブラから発売しているペン「サラサ」。僕はコレを長年愛用している。使い始めたのは確か、大学時代からだから、かれこれ10年以上の付き合いになる。
 当時、大学の購買に売っていたのを何気なく購入してから一気にファンになった。何と言っても「サラサ」という名前の通り、本当にサラサラ書けるのが最大の魅力だ。カテゴリー的には「ゲルインキペン」と言うらしく、普通の油性ボールペンよりもインク感が強く、筆圧を書けなくてもしっかり書ける。
 仕事柄、メモを取ったりノートに字を書くことが多く、サラサラとスムーズに字を書けるのでとても助かっている。

 

価格が安いのも魅力の一つだ。一本100円前後で売られているので、万が一無くしてもダメージが小さい。替えのインクもたいていの文具店には置いているので、出先で切れてもすぐ補充ができるのが嬉しい。僕はたいてい、カバンの中に替えのインクを1~2本常備している愛用っぷりだ。僕はこのサラサを黒と赤の二種類、どっちも0.5mmを使っている。ペン先も細かく種類に分かれているけど、0.3mmではちと細過ぎ、0.7mmでは後で詳しく書くが太すぎるので今の形に落ち着いた。0.5mmがボールペンの標準的な太さなので、店頭在庫が豊富なのも理由の一つ。

 

ここだけは改善してほしい、サラサの欠点

 ここまで誉めてばかりだが、欠点と言うか、改善して欲しい点もいくつかある。

インクの減りがめっちゃ早い
乾きがやや遅め

 どちらもゲンインキの宿命とも言える欠点なのだが、筆圧を書けずともサラサラと書ける反面、インクの出が多く、大量にか書き続けると猛烈な勢いでインクが減っていく。更に、インクの乾きが遅いので、書いてすぐ擦ると結構な頻度で滲むし、書いた上に紙を重ねると写ってしまうのが難点だ。0.3~0.5mmだとそれほど苦痛には感じないが、先にも書いたがこれが0.7mmになると途端に酷くなるので、僕は0.5mmをお勧めする。もともと僕は字が小さめなので、あまり太いと字が潰れちゃうし。
 ネットでの評判を見ても同じ様な意見が多い気がする。この辺を改善していただければパーフェクトな逸品なので、ゼブラさんにはぜひお願いしたい。


単色に比べてイマイチなつくりのオールインワンバージョン

 あとこのサラサ、単色だけでなく2~3色+シャープペンのオールインワンバージョンも発売されている。あまりたくさん物を持ち歩きたくない僕にはうってつけで、一本持っているが、オールインワン物は本体がやや太めになるのと、インク一本が単色の物より細く頻繁にインク交換が必要な上に、ペン先が少しぐらつくのであんまり使っていない。作りが甘いのか、時々勝手にペン先が引っ込んでイライラする事もあるので。黒、赤、シャープペンそれぞれ単独の物が結局一番使いやすい

 

「サラサ」を超えるか。気になるその他のボールペン

この辺の欠点を克服したボールペンがネットでも話題(?)になっているらしい。それが三菱鉛筆から発売されている「ジェットストリーム」という商品だ。サラサとは違い油性インクを使っているが、書き味抜群、さらに滲み対策と速乾性にも優れていてサラサと同じ様な価格で売られている。文具店でもサラサより場所を取って陳列されているから、そこそこ売れているんだと思う。まだ使ったことがないので分からないが、ちょっと気になっている。今使っているサラサが切れかけたら買ってみようかな?
 これだけサラサを誉めといて、実はジェットストリームの方が良かったらどうしよう。両方使ったことがある人の意見をぜひ聞いてみたい。

 

ゼブラ 多機能ペン サラサ3+S SJ3-W 0.5mm 白
ゼブラ
売り上げランキング: 17,376